小林美風さん個展ーパレードつづくよー器のご紹介

こんにちは!

現在OPPIESで会期中の小林美風さんの個展「パレードつづくよー」ですが、
大変ご好評頂いております。

2017年11月3日(金)-11月19日(日)
個展期間中の営業時間は 11:00-19:00
個展期間中の定休日は月曜日火曜日になります。

最近のお問い合わせで特に多いのが、遠方の為店舗に来られないお客様からの
「小林美風」さんの器を見たい!というリクエストです。

今回は小林美風さんの器を一挙に公開させて頂きます!

↓Google フォト
こちらからも器&商品詳細をご覧いただけます
https://photos.app.goo.gl/JEwqvNR1ZeyES6Qc2

 

展示の風景1

展示の風景2

 

、オーバル

 

、オーバル

3、オーバル  

 

4、Mサイズ皿

 

 

6、

7、Sサイズ皿

8、

 

9、

 

10、

 

11、

 

12、面取りのどんぶり

 

13

 

14

 

15、 

 

16、 

17、鉢 

 

18、

 

19、

20、

21

22

23、

24、

25、

26、

27、28、フリーカップ

29、30、

31、32、

33、34、

35、36

37、38、ゴブレット

39、40、

41、

42、リムプレート大

43、

44、

45、

46、

47、

48、

49、

50、リムプレート小

51、

52、

53、

54、

55、

56、

57、

58、

59、

60、

61、

62、63、ネコハンドル マグ

64、65、

66、67、

68、69,

70、71、

72、73、片口ピッチャー

74、75、76

77、78、79、変形ハンドルマグ

80、81、82、シャボン玉のマグ

85、86、87、トリのマグ

88、89、面取り茶碗M

90、91、92

93、94

95、96、面取り茶碗S

97、98、

99ー105、101,103楕円豆皿

106ー121114(2点あり)箸置きき

122、ポット

 

123、

124、多肉ポット

125、

小林美風さんの個展「パレードつづくよ」のご案内

OPPIESでも大人気の作家さん、
小林美風さんが、この度OPPIESにて個展をしてくださいます。

小林美風 個展ーパレードつづくよー

2017年11月3日(金)-11月19日(日)
作家在廊:11月4日(土)

個展期間中の営業時間は 11:00-19:00
個展期間中の定休日は月曜日火曜日になります。

**DM希望の方はこちらからお願いします
お名前とご住所を明記の上、「小林美風個展のDM希望」とお書きください。

山梨県大月市にて、「日常より非日常」をコンセプトに作陶している小林美風さんの器は、とってもポップな色合いで存在感があって、(私も含め)美風さんの器を集めていらっしゃる方がたくさんいるのも納得のかわいさ!とにかくかわいい!!美風さんの器は、持っているだけで本当に幸せな気持ちになる器です!

是非この機会に、美風さんの器に実際に触れてみてください♪

OPPIESへのアクセスはこちらをご確認ください!

十場天伸さんの器の通販(ONLINE SHOPPING)開始しました!

去年(2016年)の夏に十場天伸さんのつくも窯を訪ねる旅の時に注文させていただいた
スリップウェアの器が届きました!

実際に工房を見学させていただき、スリップウェアの器の作業工程も見学しました。
その際には、十場さんに色々と丁寧に教えていただきました。
その様子をUPしたのが↓前回の記事になります。宜しければこちらもお読み下さい。

十場天伸さんのつくも窯を訪ねる旅 2日目〜神戸編〜

十場さんの器もオンラインショップでもご紹介しています。

OPPIES ONLINE SHOP

こちらから十場さんの作品を購入できますので是非ご覧ください!

小林美風さんの器の通販(ONLINE SHOPPING)開始しました!

西荻窪にて、SHOP(雑貨店)を開始した直後から、
ずっとお取り扱いをさせていただいている陶芸作家の小林美風さんの器ですが、、、

この度、、、
小林美風さんの器をWEBからご注文できるようになりました!!

OPPIESもひっそりと(笑)、ONLINE  SHOPPING(通販を開始しています♪
是非チェックしてみてください!

 

OPPIES ONLINE SHOP

小林美風さんの素敵な大鉢や、人気商品の蕎麦猪口も各種揃えております。

 

またおしゃれなスタッキングマグに、、、

 

こちらも人気商品のお茶碗も!!

美風さんの器をはじめ、他の作家さんの器も随時UPしていきますので
楽しみにお待ちください♪

宜しくお願いします♪

 

小林美風さんについては下記の記事も是非〜

小林美風さんの器が入荷致しました!!

 

小林美風さんの器は、今までネットショップをしていなかった為、店舗のみの販売でしたが
美風さんのファンの方は日本全国とても多くいらっしゃいます。

ネット通販の多くのお店で小林美風さんの器(商品)の品切れが続出していることもあり
小林美風さんファンのお客様が、OPPIESの店舗に来てくださると、品数の多さにとても喜んで下さいます。
私自身も、そんなお客様との出会いがとても嬉しいです。

小林美風さんのそばちょことマグ

西荻窪のOPPIES実店舗に来られないお客様も多数いらっしゃると思いますので
是非WebShopもご利用下さい。

インスタグラムでも情報を配信しておりますのでフォローしていただけると嬉しいです!

OPPIES instagram/インスタグラム

 

 

 

 

でく工房、中村一也さんのガラスの器を再入荷しました!

伊勢のサイダーの瓶を再生してガラスの器を制作している
中村一也さん(でく工房)の商品を再入荷しました。

 

お待たせしてすみません!!

 

中村さんのグラスを購入してて下さったお客様方からは
「買い足したい!」のリクエストを多く頂いております。
その気持ちが私もよくわかります。

 

本当に美しい!

 

無駄がなく、透き通るように美しいガラスの器、、、
なのに、どこか少し素朴で「ガラス」なのに温かみに溢れています。

またすべての器やグラスに程よい重さがあるので
安定感があり、普段使用していても、ガラスだから割ってしまいそうで怖い、、、
といった感じが全くありません。
なので日々スタメンで活躍してくれること間違いなしです。

ちょっとした副菜なども、中村さんのガラスの小鉢に盛りつければ
なんだかいつもより美味しそう見えてしまうから不思議です。

 

 

さて今回再入荷した商品は

・ひまわり小鉢
・ハナビラ小鉢 小
・モールカップ
・レトロコップ
・麦わら小鉢

になります!

 

それぞれご紹介しますね。

 

前回すぐに売り切れてしまったのが
ハナビラ小鉢(小)
1,900円(税抜)副菜やヨーグルト、お菓子を入れるのにもぴったり!
夏にアイスを入れてもいいですね。
これ一つで食卓がとっても華やかになる小鉢です

こちらがモールカップです。
2,000円(税抜)こちらも中村さんの人気の商品の一つ。
中村さんのHPでは使い道として、蕎麦猪口や一口グラス、
デザートの器にとも書かれていましたが、それ以外にも冷製スープや、
カットフルーツ、ヨーグルトを入れるのにもちょうど良いです。
木製プレートなどにのせてもいい感じです。
本当に絶妙なサイズでたまらなく使いやすいです。
モールカップは家族にそれぞれに一つずつあるといいと思います。

 

 

お次はひまわり小鉢!
1,500円
私が実際に使用してお気に入り&オススメの一点です。
シンプルながらもコロンとしたフォルムが気に入っています。
(しかもひまわり小鉢のお値段は特にお手頃で嬉しい!)

 

こちらは初めてOPPIESに来てくれた「麦わら小鉢」私は小鉢が好きだな〜(笑)。またまた小鉢をお願いしました。
この麦わら小鉢見た時にすぐに「これだ!」と思ってしまいました。

そして、届いてからも何度も見ては

いい!!!

と実感するのでした。

早く料理を作って、すぐにでも使いたくなるようなガラスの器です。

 

最後にご紹介するのはレトロコップ
2,000円(税抜)です。
こちらも私の愛用品。冷茶に、ビールに大活躍です。
最初は飲口の角度が独特なのでどんな感じだろう?っと思いましたが、
実際に使ってみたら、全く問題なく、飲みやすかったです!

レトロコップと言うだけあって、ノスタルジックな雰囲気です。
使用していても個性的なフォルムが愛らしく、
私にとって、間違いなく特別なコップ!です。

中村さんの小鉢も、コップも、
昼間は窓から入る日差しに照らされて輝き、
またそのガラスに反射して出来る影も美しいです。

夜は食卓のテーブルの上の照明に照らされて、
暖かく輝きます。

とっても美しい中村一也さんのガラスの器、
是非、OPPIESで実際に手にとって見てみてください。

*************************************

中村 一也 ( なかむら かずや )さんについて

(中村さんのHPのプロフィールより)

 

ガラス職人。1978年、伊勢市二見町生まれ。
二見中学校、伊勢工業高校を卒業。

その後、町工場に就職するも沖縄の魅力に引かれ、
単身、沖縄に移住。

琉球ガラスに出会い、ガラス工房 「 清天 」 に
弟子入りする。

2010年に帰郷し、伊勢の地に工房を開く

 

samsara print exhibition 2016.12.13-12.28

2016.12.13-12.28の期間にsamsara printのオリジナルファブリックの展示を行います。

%e3%81%99%e3%81%8d%e3%82%99%e3%81%95%e3%82%93

Shop and galleryを運営したいと思いオープンしたOPPIESですが、展示は今回が初めて(笑)

 

記念すべき第1回目の展示をしてくださるのは、samsara printさん。

 

私がシルクスクリーン工房に通っていた頃に知り合った友人で美術家のスギザキユウスケさんが運営するシルクスクリーンプリンティングスタジオです。

今回は、OPPIESが雑貨店という事もあり、堅苦しい事はなしに、気軽にアートを生活に取り込めるような、そして楽しめる感じがいいよね、、、っと話し合い、samsara printのオリジナルファブリックを展示していただく運びとなりました。

私の自宅にスギザキユウスケさんのシルクスクリーンの作品を飾っているのですが、よく友人に「いい絵だね?なんていう方なの?」と聞かれます。↓こちらの作品です。

fullsizerender-8

今回はスギザキユウスケさんの芸術家としての作品とは少し違う流れですが、samsara printのオリジナルファブリックラインを展示・販売していただけるのは嬉しい限りです。

是非この機会に、samsara printさんのオリジナルファブリックに触れていただければと思います。

 

img_3170

 

●information

samsara print exhibition  2016.12.13-12.28

同じ期間にデジタルイルミネーションも開催します!(こちらについてはまた詳しくお知らせします)

*月曜日(12日、19日)25日の日曜はcloseになります。

 

●About samsara print

samsara printは美術家スギザキユウスケが運営しておりますシルクスクリーンプリンティングスタジオです。スギザキは米国のThe Art Students League of New Yorkでシルクスクリーン版画を学び帰国後刷師として、新倉孝雄、山 洋平、スガノサカエ、Jeff Canham、マキヨウイチ等々、新進気鋭の美術家のエディションシルクスクリーン版画を手掛けて参りました。 今回、OPPIESにオリジナルファブリックパネルを出品するにあたり、スギザキユウスケの作品コンセプトの一つである”Construction with Metropolyrhythm(メトロポリタンとリズムの造語)”を元にデザインした幾何学的な柄をファブリックにプリントしました。是非この機会にご高覧ください。そして、ギフトにいかがでしょうか?

samsara print is a silkscreen printing studio run by an artist Yusuke Sugizaki.Sugizaki learned silkscreen print in The Art Students League of New York in the United States and worked as a printing master after returning to Japan, working on the edition silkscreen prints of an up-and-coming artist such as Takao Nikura, Yohei Yama, Sakae Sugano, Jeff Canham, Youichi Maki etc. . In order to exhibit the original fabric panel to OPPIES this time, Sugizaki printed a geometrical pattern designed based on “Construction with Metropolyrhythm(Coined word for metropolitan and rhythm)” which is one of the work concepts of Sugizaki Yusuke. Please have a look at the works at this opportunity by all means. Ideal for gifts!

 

十場天伸さんのつくも窯を訪ねる旅 2日目〜神戸編〜

FullSizeRender 33

前回からのつづき、、、
(前回の十場天伸さんのつくも窯を訪ねる旅 1日目〜大阪編〜もあわせてどうぞ)

十場天伸さんの器 ONLINE SHOP

 

大阪2日目。
今日はこれから神戸に向かいます。

 

今朝はついに十場さんのつくも窯に行く日です。
つくも窯は、神戸の裏六甲というところにあり、
車がないと行けないと聞き、レンタカーを借りていざ出発。

車で走ること1時間弱、
大阪からの眺めと打って変わって
急に長閑な風景。

神戸にもこんな場所があるのですね!驚き!!

ちなみにこちらは十場さんのご自宅付近
IMG_9033

IMG_9035

さて到着した十場天伸さんのつくも窯は
茅葺屋根が見事な日本家屋。

FullSizeRender 13

上の方にはステンドグラスが!和と洋のMIXでかわいい。

玄関入り口も十場さんの作品が。素敵です!
FullSizeRender 36

中に入らせていただくと、、、圧巻!!

FullSizeRender 125

憧れていた生活そのものです。

FullSizeRender 27

大切な納品前の器がたくさん並んでいるのに、
とっても大きなお家なので、子供達は走りたくなってしまう。。。

初めてお会いした十場さんは
本当に気さくで、優しく、自然体で
初めて会った気がしない方でした。
(夫の友達Sちゃんは10年ぶりの再会で昔話にも花が咲いていました)

この後2階にも上らせていただきました。
FullSizeRender 31

茅葺屋根ってこんな風になっているのですね。
2階はとっても特別の空間でした。

 

楽しく会話を楽しみつつも、納品前の器もじっくり見させていただきました。

 

FullSizeRender 119

直火がOKなシリーズ。

FullSizeRender 29

FullSizeRender 35

十場さんの器、やっぱりすっごくいいです。

IMG_9113

FullSizeRender 26

十場さんの器はスリップウェアの技法を取り入れられています。
(*スリップウェアとは主にヨーロッパを含む世界各地で見られた古い陶器の一種で、器の表面を化粧土と泥漿(でいしょう)で装飾した陶器のことを言います)

作り方を聞いていると、
十場さんがなんと
「作ってみせますよ!」と!!!

 

感激です〜〜!

 

慣れた手つきであっという間に土を成形し
白のラインを入れ、

FullSizeRender 24

完成!!!あとは数日間、しっかり乾かすそうです。

FullSizeRender 40

あまりにもささっと、気持ちのいい程スムーズに作業をするので
いけない、いけない、一瞬簡単に見えてしまいました。
もちろん、実際はとても難しい作業です!

上記の白ラインを入れたお皿は白がベースになって↓のような器になります。

FullSizeRender 14

その後、十場さんが子供がいるなら、、、と
牧場のソフトクリーム屋さんに連れて行ってくださり、
アイスをご馳走になりました。
十場さん、本当に色々とありがとうございました。

IMG_9129

牧場でお別れし、大阪に帰る前に
ポートランドでほんの少し神戸観光。
なぜかシュラスコを食べて帰宅の途につきました。

今回嬉しいことに、十場さんに器をOPPIESでもお願いできることになりました。
私も十場さんの器を愛用させていただいておりますが、
どんな料理にも使いやすい上に、私の至って普通の料理が
いつもより美味しそうに見えます。

なので、日々の生活で十場さんの器を選ぶことがとても多いです。

とってもオススメな十場さんの器。
また入荷等がわかりましたらお知らせしますね。

しばしお待ちくださいませ。

 

追記:入荷いたしました!

OPPIES ONLINE SHOP

 

 

十場天伸さんのつくも窯を訪ねる旅 1日目〜大阪編〜

FullSizeRender 36

お店でお取り扱いが出来たらいいな〜
なんてと密かに思っていた
十場天伸さん。

色々なご縁の元、今回なんと、、、
十場さんの「つくも窯」に行かせていただくことになりました。
(Sちゃんありがと〜〜)

国内移動では初めてLCCを利用して出発!

岡山で仕事がある夫と、夫の友人Sちゃん、
そしてもちろん子供も連れて
成田から大阪へ。

大阪には数年前に仕事で訪れたことがあったのですが
観光はしたことは一度もありません。
今回も子連れな上、2泊3日なので、ゆっくりしている時間はないのですが
少しは旅行気分を味わいたい!と、、、
まずはSちゃんのオススメで関空からラピートに乗ってみました!

FullSizeRender 14

↓正面はこんな感じ。何かに似てる。。。

私達はすっかり観光気分で興奮しましたが、
我が家の娘二人はやっぱり女子、
「へーー」ぐらいの反応でした(笑)。

なんばで下車し、お昼を食べ損ねてお腹ペコペコの私達は
「たこ焼き食べたい、豚まん食べたい!」と
いかにもなお願いを大阪出身のSちゃんにし
たこ焼き屋さんに連れて行ってもらうことに。

わなか
FullSizeRender 8

だしの味がしっかりして美味しかったです。

そして大阪に来ている実感が湧く!
B級グルメも楽しいな、、、何て話をしていると
なんとこのお店の目の前が豚まんが購入出来る「蓬莱 551」。

早速その場で購入し食べ歩き。
美味しい上にGood price! 大阪いいですね。

その後、ホテルに荷物を置いて
夫のタイで出会ったお友達がやっているカフェ&バー&物販のお店
月桃ディスコへ!

 

楽しいご夫婦と楽しい時間を過ごさせていただきました♬ありがとう!

 

そして夕食を食べていなかったのでご夫婦に教えていただいた
かすうどん」へ!!すごい名前ですね。

このかすうどん、美味しい出汁のうどんの上に揚げたホルモンがのっているのですが
あっさりしていて、とても美味しかったです。
(写真がなくてごめんなさい)

 

さてさて、あっという間に1日が終わってしまい、、、
いよいよ明日は、車を借りて十場さんの窯がある神戸へ。
楽しみです!!

十場天伸さんのつくも窯を訪ねる旅2日目へ続く。。。

ヤマシタ マユ美さんの器を入荷しました!

top

ヤマシタ マユ美さんの
とっても素敵な器を入荷致しました。
こちらは第一弾です。
(第二弾も予定しております)

まずはヤマシタ マユ美さんについて
ご紹介させていただきます。

ヤマシタ マユ美さんは、香川県のご出身。

文化服装学院、メンズデザインコース卒業後
イギリスのファルマス大学、コンテンポラリークラフト科を
首席で卒業されています。

マユ美さんの創り出す器やオブジェは
海外でも高く評価されています。

なので、納品先として海外も多いようです。

 

そして、私がマユ美さんの器と出会ったきっかけは、、、

 

相変わらず、お腹空いたな〜〜なんて思いつつ
インスタグラムで美味しそうな料理写真を見ている時に
偶然、マユ美さんの器を見つけました!

ぼ〜〜っと、してたのに、飛び起きて
「おっ!!素敵な器!!欲しいなー」と思い、
そこからは、夜な夜なグーグル先生を開いては
マユ美さんの器に見入っていました。
あとは想いを伝えるべく、連絡をさせて頂きました。

マユ美さんと直接お会いした事はありませんが、
メールのやり取りを通じて、
誠実な上にチャーミングなお人柄なのがよく伝わりました。

やっぱり、器には作家さんの人柄が滲み出ますね。
そして同じ文化卒という事で、私は勝手に親近感が湧いております。

今日に至るまでに、
私自身もマユ美さんの器をまずはじっくり使わせて頂くために
マグ2点とピッチャーを購入させていただきました。
FullSizeRender 34
FullSizeRender 35
FullSizeRender 31

FullSizeRender 29

マユ美さんの器は写真で見てもとても美しく惹かれたのですが、
実際に手に取ったお品は写真以上にさらに美しく、感激しました。

そして見た目もパーフェクトな上に、とっても使いやすいのです。

マユ美さんの器が届いてからというもの、
夫とアイスコーヒーを飲む時でもマグに注いで飲んでいますが(笑)
マグに唇を付けた時の器の厚みと感触がいいのと、
持ち手のサイズ感、そしてとても軽いので、
非常に飲みやすい=使いやすいです。

そしてたまに掘られているポツポツ部分をいいこ、いいこしては
うっとりしております。

FullSizeRender 37

この掘られているポツポツもこんなに美しく
均等に削るなんて神業です。

今回の納品して頂いた第一弾の器は
マユ美さんのストックしてある器の一部を
無理を言って先に譲って頂きました。

今回入荷分の器「「しのぎシリーズ」は
美しくシンプルなモノばかりですので
料理はもちろん、スイーツやスープにも
使えそうなラインナップです。

FullSizeRender 36

FullSizeRender 27

マユ美さんの創り出す、
他のシリーズの器もとても素敵なので
少しずつOPPIESでも紹介出来ればなぁと考えております。

マユ美さんの器はとにかく

見た目(センス)が良く、
美しい仕上がり、
そして使いやすい!!

と3拍子揃っております。

是非この機会に
ヤマシタ マユ美さんの素敵な器の世界観を
OPPIESで感じてください。

 

ヤマシタ マユ美さんのHP

スクリーンショット 2016-05-20 17.38.58

 

 

中村一也さんのガラスの器を入荷しました!

FullSizeRender 6透明瓶を使った再生ガラスの器を伊勢で制作している中村一也さん(でく工房)の商品を入荷しました!

 

今回入荷した商品は

・漣 丸ロック

・ひまわり小鉢

・ハナビラ小鉢 小&中

・モールカップ

・レトロカップ

(後日それぞれ写真アップします!)

 

どれもとってもとっても素敵です。やっぱり既製品のガラスにはない優しさというか、深み、温かみがあります。私もほぼ毎日使用しております。料理にもとっても使い易いです。器自体が主張しすぎないのがいいのかもしれません。とは言え、とっても存在感はあります。

 

最近ではハナビラ小鉢にエアープランツも入れたりもしています。これもなかなかいい感じです。

FullSizeRender (5)

これから夏にかけてやっぱりガラスの器が気になりますよね。

是非、中村一也さんの素敵な器に直接触れてみてください。

 

今回の写真のお花は、黄色が可愛いクラスペディア。

花言葉は「永遠の幸福」だそうです。へぇ〜!

(因みにすっごい奥の枝っぽいのはフィリカです。)私のメモとして。

*************************************

中村 一也 ( なかむら かずや )さんについて

(中村さんのHPのプロフィールより)

 

ガラス職人。1978年、伊勢市二見町生まれ。

二見中学校、伊勢工業高校を卒業。

その後、町工場に就職するも沖縄の魅力に引かれ、

単身、沖縄に移住。

琉球ガラスに出会い、ガラス工房 「 清天 」 に

弟子入りする。

2010年に帰郷し、伊勢の地に工房を開く。